物件の提案力

ビジネスもそういう要素があるのかなって思います。実は花を売っているけれども、団子がメインの商材だったりとか。でも花も団子もセットにするともっといいかもしれませんね。ということで春が楽しみです。タイトルの「クラウドコンピューティング」この言葉皆さん知っていらっしゃいますか?Googleが一番事業として力を入れてやっているのではないかなと思うのですが、これは、普通だとパソコンにソフトウェアを入れてそのパソコンでソフトウェアを動かして使うのですが、クラウドコンピューティングでは、インターネットで繋がっているサーバーの方で処理をすると言ったものです。簡単に言うと、パソコン側は表示だけで、後の処理はサーバーでしてくれると言うものです。これのすごい所は、データーがサーバー上にあるので、どのパソコンを使っても、自分のデーターを表示させることが出来たり、皆で1つのデーターを作り上げたり、今までとは使い方が少し変わってきます。Googleが一番力入れていると書きましたが、簡単な例で行くと、Gmailが挙げられます。このGmailというメールのサービスは、メールをいちいち消去しなくてもいい保存容量を持っていて、かつ、Googleという強い検索が出来ますので、いつでも過去のメールを呼び出す事が出来て、どのパソコンからでも自分のメールを呼び出す事が出来ます。しかも、パソコンをなくしたりしたとしても、データーがパソコンには残っていないので、メールを盗み見されるという心配が無くなります。

“日本経済新聞大阪本社(大阪市中央区)
大阪市中央区の大手前に位置する、日本の西方を取り仕切る本社。
大阪の中央一帯の新聞を印刷する工場も併設され、近畿からの西日本一帯を管轄においている。
1961年に東京・大阪の両本社制を実施し、販売地の拡充を続けている。
対象地域は、近畿(三重県の伊賀熊野を含む)、北陸三県、中国(山口県の一部を除く)、四国を主にしているが、実質、西日本全体の取り仕切りを行っている。東京都千代田区の大手町に位置する、日本の東方を取り仕切る本社。
2009年に本社を日経ビル(地上31階、地下3階)へ千代田区から移転し、東日本一帯を取り仕切る。
新聞の紙面は東京本社で制作しており、テレビ面と地域経済面を除いて、他地域も同じ紙面である。

首都圏だけでも8拠点の印刷工場を保有しており、東北は直営で北陸や信越は受託印刷している。
対象地域は、関東、東北、甲信越、静岡県で、中部地方や北海道は各支社が管轄となっている。

経済新聞として、株価指数(日経平均株価)の作成などを行う、心臓部である。


守口の分譲住宅や一戸建て情報